米ゲートウェイ(エド・コールマン社長兼CEO)は7月26日、日本市場向けに、「Gateway」ブランドのパソコン4機種と「eMachines」ブランドのデスクトップPC4機種の計8機種を8月初旬に発売すると発表した。ギガスケーズデンキ、上新電機、九十九電機などで販売する。

 「Gateway」ブランドでは、デスクトップPC「Gateway GT5218j」「同 GT5216j」、ノートPC「同 MT6228j」「同 MT3304j」をラインアップ。OSはすべての機種で「Windows Vista Home Premium」を搭載する。

 デスクトップPCの「GT5218j/GT5216j」は、ハイエンドグラフィック機能をもつ「NVIDIA GeForceシリーズ」を搭載し、ゲームの映像やアプリケーションの映像などを映画並みの高画質で表示する。

 上位モデルの「GT5218j」はクアッドコアCPU「Core 2 Quad Q6600(2.4GHz)」のほか、最新グラフィックカード「NVIDIA GeForce 8800GTS」を採用。また、「GT5216j」はピクセラ製地上デジタル/アナログTVチューナーを内蔵し、電子番組表に対応したテレビ視聴・録画ソフト「Station TV」が付属する。

 ノートPCの「MT6228j」はインテル製CPUと15.4インチワイド液晶、「MT3304j」はAMD製CPUと14.1インチワイド液晶を搭載。IEEE802.11g準拠の無線LAN機能も備えた。

 「eMachines」ブランドでは、タワー型デスクトップPCの「eMachines J4476」「同 J4470」「同 J4472」「同 J3228」をラインアップ。OSはエントリーモデルの「J3228」のみ「Windows Vista Home Basic」を搭載し、それ以外は「Windows Vista Home Premium」を採用した。

 上位モデルの「J4476」は、ピクセラ製の地上デジタル/アナログTVチューナーを標準装備。グラフィックスカードはGeForce 8500 GTを搭載し、HDMI端子、HDCP対応DVI端子を装備する。

 価格はすべてオープン。実勢価格は、「Gateway」ブランドの「GT5218j」が16万4800円前後、「GT5216j」が15万9800円前後、「MT6228j」が9万9800円前後、「MT3304j」が8万9800円前後の見込み。「eMachines」ブランドの「J4476」は10万9800円前後、「J4470」は6万9800円前後、「J4472」は7万9800円前後、「J3228」は4万9800円前後の見込み。

ゲートウェイ=http://jp.gateway.com/
「eMachines」=http://jp.emachines.com/


■関連記事
本日の機種別ランキング(デスクトップPC)
米ゲートウェイ、eMachinesブランド初の地デジ搭載デスクトップPCなど2機種