アッカ・ネットワークスと日本大通活性化委員会(坪山沙織代表)は7月26日、横浜市の日本大通り周辺エリアで、「ワイヤレスLAN横浜プロジェクトIN 日本大通り」を7月28日から11月4日まで共同で開催すると発表した。

 「ワイヤレスLAN日本大通り」は、日本大通りにあるオープンカフェを中心に無線LANのアクセスポイントを設置。無線LAN対応端末を持ち込めば誰でも無料で無線ブロードバンドを利用できる環境を構築し、来客者などに活用してもらうことを狙ったプロジェクト。

 同社は2.5GHz帯での事業者免許取得を目指し、06年12月から横浜みなとみらいエリアを中心に、「モバイルWiMAX」の実証実験を行っている。今回のワイヤレスLAN日本大通りは、実際のサービス提供時を想定したさまざまな利用シーンの検証を目的としている。

アッカ・ネットワークス=http://www.acca.ne.jp/