マウスコンピューター、Windows XPも選べる新きょう体のゲーマー向けPC

ニュース

2007/07/23 20:15

 マウスコンピューター(小松永門社長)は7月23日、きょう体を一新し、フルモデルチェンジしたゲーマー向けオリジナルPCブランド「G-Tune」のミドルレンジモデル「NEXTGEAR(ネクストギア)」シリーズ3機種を発売すると発表した

 きょう体は、ケース前面が曲線で構成されたフロントドア付きの新ケースを採用。光沢のあるピアノブラック塗装にシルバーのアクセントを施すことで高級感を持たせた。また、従来の低消費電力はそのままに、FSBが1333MHzに向上したインテルの最新デュアルコアCPU「Core 2 Duo」をすべての機種に採用。「P35 Express チップセット」との組み合わせによってさらなる高速化を図った。

 グラフィックスボードには、DirectX 10に対応するNVIDIAの最新GPU「NVIDIA GeForce 8 シリーズ」も搭載。シェーダー・コアの処理能力を動的に振り分ける機能などにより、従来の同等製品の最大2倍のパフォーマンスを発揮する。静音性にも配慮した電源の採用や、大口径ファンを低回転で駆動させることで確実な冷却と高い静音性も実現した。

 ラインアップはエントリーモデル「NEXTGEAR L500SV1/S1」、スタンダードモデル「NEXTGEAR L5000EV1/E1」、フラッグシップモデル「NEXTGEAR L500XV1/X1」の3機種で、それぞれWindows Vista Home Premium搭載モデルと、Windows XP Home Edition搭載モデルを用意する。OS以外の仕様は同じ。キーボードマウスは有線方式を採用。ディスプレイは別売りで、BTOでCPUやHDD容量、光学ドライブなどのカスタマイズに対応する。

 エントリーモデルは、CPUにCore 2 Duo E6550(2.33GHz)を採用し、1GBメモリ、HDD 160GB、NVIDIA GeForce 8500GTを搭載。価格は、Vista搭載の「NEXTGEAR L500SV1」とXP搭載の「NEXTGEAR L500S1」ともに10万4790円。

 スタンダードモデルは、Core 2 Duo E6750(2.66GHz)を採用し、メモリ2GB、HDD 250GB、NVIDIA GeForce8600GTを搭載。価格は、Vista搭載の「NEXTGEAR L5000EV1」とXP搭載の「NEXTGEAR L5000E1」ともに11万9910円。

 フラッグシップモデルは、Core 2 Duo E6850(3GHz)を採用し、メモリ2GB、HDD 320GB、NVIDIA GeForce8600GTSを搭載。価格は、Vista搭載の「NEXTGEAR L500XV1」とXP搭載の「NEXTGEAR L500X1」ともに14万4900円。

 23日から「G-Tune」のホームページで受注を開始。24日11時からは電話通販窓口やマウスコンピューターダイレクトショップなどでも受け付ける。

マウスコンピューター=http://www.mouse-jp.co.jp/
「G-Tune」=http://www.g-tune.jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング(デスクトップPC)
マウスコンピューター、Vista Ultimate搭載デスクトップPCを9万円台から

オススメの記事