シャープ、THX認定の映画モードを搭載した65V・52V型液晶テレビを受注生産

ニュース

2007/07/23 10:11

 シャープ(片山幹雄社長)は7月20日、フルハイビジョンに対応する液晶テレビAQUOS(アクオス) Tシリーズ」2機種を、9月1日に受注生産で発売すると発表した。ラインアップと価格は、65V型「LV?65TH1」が141万7500円、52V型「LV?52TH1」が84万円。

 THXが定めるホームシアター用「THX認定ディスプレイ規格(THX Certified Display Program)」の認定を、液晶テレビとして世界で初めて受け、映画製作者と同等の映像環境を家庭でも再現できるのが特徴。画面輝度やガンマ値など多岐にわたるTHX社の要求仕様を満たした「THX映画モード」を搭載する。

 「AQUOS Rシリーズ」をベースにしており、倍速(120Hz)フルHD液晶技術を搭載した「倍速ASV液晶パネル」を採用し、高い動画性能を実現した。コントラスト比は2500:1で、暗い照明から明るい部屋まで幅広い視聴環境で楽しめる。また、「AQUOSファミリンク」に対応したHDMI入力端子を3系統搭載、同社製ハイビジョンレコーダーやサラウンドシステムなどと組み合わせて連携操作ができる。

 高速赤外線通信「IrSS」機能も備え、デジタルカメラ携帯電話で撮影した写真データをワイヤレスで送信し、大画面で見ることが可能。テレビポータルサービスが提供するネットサービス「アクトビラ」にも対応する。

 チューナーは、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2基ずつ搭載。本体はスピーカーを下部に配置したアンダースピーカーデザインで、外観にはホームシアターでの視聴を意図し、反射光を抑え画面に集中しやすいマットブラック(艶消し)仕上げを施した。

シャープhttp://www.sharp.co.jp/
「AQUOS」=http://www.sharp.co.jp/aquos/


■関連記事
本日の機種別ランキング(液晶テレビ)
シャープ、使い勝手を高めたHDD-DVDレコーダーとラック型サラウンドシステム
シャープ、動画に強い倍速液晶搭載の「AQUOS Gシリーズ」16機種を発表

オススメの記事