ビクター、ハイビジョン対応HDDビデオカメラの普及モデル、15万円前後で

ニュース

2007/07/19 20:25

 日本ビクターは7月19日、HDD内蔵デジタルビデオカメラ「Everio(エブリオ)」シリーズで、フルハイビジョン(HD)録画ができる「GZ-HD3」を8月上旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は15万円前後の見込み。

 07年6月に発売した前モデル「GZ-HD7」と比べて、高画質モードの画素数を1920×1080iから1440×1080iに落とすことで価格を抑えた普及モデル。また、レンズフードやファインダーをなくしたことで本体サイズ約30%のコンパクト化を実現した。

  色鮮やかで高精細なハイビジョン映像を実現する「ハイビジョン3CCD」、プログレッシブ映像で信号処理を行うことで立体感のある映像を再現する高画質画像処理エンジン「HD ギガブリッド」など、従来モデルと同様の機構を備える。色鮮やかなハイビジョン映像と本体の小型化のため、新たに「コニカミノルタHD レンズ」を採用。光学10倍ズームに対応する。

  ピントが合っている部分の輪郭を色別に表示する「フォーカスアシスト」や露出オーバーを知らせる「ゼブラパターン表示」のほか、「絞り優先」「シャッタースピード優先」などの撮影機能を搭載。撮影シーンの光の量を検知し、必要に応じて自動的にライトを点灯する「オートビデオライト」も備える。撮影モードはXP、SPと、市販のHDV規格対応ソフトで映像を編集できる1440CBRの3種類。

  HDD容量は60GBで、XPモード時で約5時間、SPモード時で約7時間録画できる。内蔵HDDのほか、SDHC対応のSDカードスロットも搭載しており、Class6対応のSDHCカードにSPモードで約25分の動画を記録可能。SD/SDHCカードに静止画を記録することもできる。

  モニターはアスペクト比16:9の2.8型液晶を搭載。インターフェイスはHDMI出力端子、コンポーネント出力端子などを装備する。電源は専用バッテリー。サイズは幅82×高さ75×奥行き145mm、重さは約575g。カラーはクリアシルバーとプレミアムブラック。

日本ビクター=http://www.jvc-victor.co.jp/
「GZ-HD3」=http://www.jvc-victor.co.jp/dvmain/gz-hd3/index.html


■関連記事
本日の機種別ランキング(デジタルビデオカメラ)
ビクター、世界最大の110V型フルHDリアプロ、640万円で7月に受注開始
ビクター、フルHD対応の120コマ倍速液晶テレビ「EXE」の新モデル3種

オススメの記事