イーフロンティア、サウンドチェックも可能な楽譜作成ソフト

ニュース

2007/07/19 17:44

 イーフロンティア(安藤健一社長)は、楽譜作成ソフト「『聴こえる楽譜』Finale SongWriter」を8月24日に発売する。価格は8400円。

 出版譜のようなきれいな楽譜を簡単に印刷できるほか、作成した楽譜を再生してサウンドをチェックできるソフト。「SmartMusic」ソフトウェアシンセサイザーを搭載しており、パソコンだけで高品質なプレイバックが可能。「Human Playback」機能により、作成した楽譜を本物のミュージシャンが演奏しているようなニュアンスで再生できる。作成した楽譜のサウンドをMP3/WAV/AIFF形式のファイルに書き出すことも可能。

 楽譜の作成では、五線をクリックして音符を入力すると、その音が再生され、入力した音符をドラッグすることで音程の調整も可能。MIDIキーボードを使ったリアルタイム入力や、音楽データの標準形式「スタンダードMIDIファイル(フォーマット1)」の読み込み/書き出しにも対応。ワープロ感覚で歌詞を入力することもできる。

 テンポの変更や移調も自由に行え、楽譜上にコードネームを入力すると、プレイバック時にコードを再生できる。ギターのフレットボードを表示することも可能。ドラムパートは、リズムスタイルを選ぶだけで自動的に入力できる。さらに、自動ハーモニー機能を搭載、メロディーを2声または3声の和声にできる。

 ソフトは、WindowsとMacどちらでも利用できるハイブリッド版CD-ROMで提供する。対応OSは、Windows XP/2000、Mac OS X 10.3.9以降。

イーフロンティアhttp://www.e-frontier.co.jp/
「『聴こえる楽譜』Finale SongWriter」=http://www.e-frontier.co.jp/products/music/score/finale_songwriter/top.html


■関連記事
イーフロンティア、3Dフィギュアソフトの普及版「iPoser 7」
イーフロンティア、エヴァの「第3使徒サキエル」の3D形状データを無料提供

オススメの記事