富士通、水没OKのケータイ「F704i」をメディアに公開、開発の狙いは?

ニュース

2007/07/18 21:20

 富士通は7月17日、20日に発売するNTTドコモの第3世代(3G)携帯電話端末「F704i」のマスコミ向け内覧会を開催。背面パネルに時刻や着信が浮かび上がる「フローティングサイン」を搭載した防水の薄型端末を、デモンストレーションも交えながら紹介した。



  水深1メートルの場所に30分間水没させても正常に動作するうえ、全方向から噴水流を受けても浸水しないのが特徴。会場では、実際に水を張った水槽に端末を沈めて、正常に動作する様子を披露した。また、プールで利用するシーンを想定したデモンストレーションも行い、実用性の高さもアピールした。


  デザイン面では女性ユーザーを意識。背面パネルに28個のLED(発光ダイオード)を埋め込み、時計や着信、メール受信、アラーム、電池の状態や電波状況を浮かび上がらせる。さらに、3色LEDと白色LED組み合わせたイルミネーション機能も備えた。

 ドコモの国際ローミングサービス「WORLD WING」にも対応。米国や欧州、アジアなど世界43か国で、日本国内と同じ電話番号、メールアドレスが使用できる。WMA対応の音楽再生機能のほか、非接触IC「FeliCa(フェリカ)」を内蔵し「おサイフケータイ」機能も搭載した。

サイズは高さ100×幅48×厚さ17.9mm、重さは約109g。連続待受時間は静止時で約420時間、連続通話時間は約145分。メインディスプレイは約2.2インチのQVGA液晶でメインカメラは有効130万画素のCMOS。カラーはマゼンタ、ホワイト、ゴールド、ブラックの4色。



   商品企画を担当した、同社のモバイルフォン事業本部マーケティング統括部プロダクトマーケティング部の藤井陽子さんは、開発の狙いなどについて、次のように語った。

――防水機能を搭載した理由は

  「当社で市場調査したところ、ユーザーが一番欲しいと答えたのが『防水』でした。さらに、『防水』を挙げた人の80%が女性で、『お風呂や雨の中でも使いたい』という意見が多く、女性のニーズが高いことがわかりました。そこで、特に女性を意識して薄型で防水機能を持った端末を企画しました」

――背面パネルの表示にもこだわった

  「女性ユーザーにとってデザインは重要なポイント。そこで、『情報もデザイン』と考えました。他社でも同様のコンセプトの端末はありましたが、情報がデザインとして生きているまでではなかったと思います。私たちは『何もないところから情報が浮かび上がる』という点にこだわり、7つのLEDで1つの文字を表示するようにすることで、情報をデザインにまで高めました」

――他社の防水端末との違いは

   「高い防水機能を備えながら薄く、軽いことが一番の違いです。コンパクトだけではなく、文字やイルミネーションが浮かび上がる背面パネル表示といったデザインも大きなポイントだと思っています」

――「F704i」の後継機種については

  「端末の厚さにはこだわって、薄型化をさらに進めていきます。防水についても今は部分的にはゴムのパッキンを使って水の浸入を防いでいますが、今後は一体化して機能を高めるとともに、イヤホンなどは無線で使えるようにすることで、使いやすさも追求していくつもりです」

富士通http://jp.fujitsu.com/
NTTドコモ=http://www.nttdocomo.co.jp/
「F704i」=http://www.fmworld.net/product/phone/f704i/?fmwfrom=phone_topswf


■関連記事
本日の機種別ランキング(携帯電話)
富士通、軽量1.49kgの12.1型ワイド液晶搭載コンバーチブル型タブレットPC
富士通、重さ580gのコンバーチブル型PCを個人向けに直販サイトで販売

オススメの記事