ドコモ、海外でも使える薄さ11.4mmの携帯電話「N704iμ」を7月20日発売

ニュース

2007/07/17 20:00

 NTTドコモは7月17日、折りたたみ型の3G(W-CDMA)端末では世界最薄のスリムボディで、海外でも使えるNEC製の携帯電話「N704iμ」を7月20日に発売すると発表した。

  折りたたんだ状態で厚さが11.4mm、重さ90gの超薄型・軽量モデル。マグネシウム合金とステンレスを多用したハイブリッドきょう体を採用することで、ねじれや歪みに対する強度も確保した。

  49個のLEDを発光させて着信やメール受信などを暗号感覚で表示する「マイシグナル」を搭載。LEDをきょう体背面のパネルの下に配し、発光時にきょう体背面から浮かび上がる「ミラージュフェイス」デザインで高級感も演出する。「マイシグナル」の発光パターン(絵柄)は14種類をプリセットするほか、専用サイト「マイシグナルクリエーター」を使って自由に作成することも可能。

  本体カラーはプレミアブラック、プレミアブルー、プレミアホワイトの3色で、プレミアブラックとプレミアブルーには、模様が立体的に浮き上がるように見える「立体感ペイント」を採用した。塗装面はフラットだが、まるで凹凸があるかのようなデザインになっており、見る角度によって絵柄が微妙に変化する。

  国際ローミングサービス「WORLD WING(3G)」に対応し、海外の43の国と地域でそのまま利用できるのも特徴。FOMA最高クラスの連続待受時間約690時間(静止時)と、音声による連続通話時間約200分も実現。バッテリを節約するため、画面とキーバックライトの明るさを自動調整する「照度センサー」も搭載した。

   このほか、着うたフルやSD-Audio対応のミュージックプレーヤー、有効約130万画素のカメラを搭載。また、文字を見やすく表示する「拡大もじ」や、よく使う機能を大きくシンプルに表示する「シンプルメニュー」に対応し、初期設定時やシンプルメニューを選択した際に、文字表示を「拡大もじ」に一括設定することもできる。メインディスプレイは約2.3インチのQVGA液晶。外部メモリはmicroSDカード。折りたたみ時の本体サイズは高さ103×幅49×厚さ11.4mm、重さは約90g。

NTTドコモ=http://www.nttdocomo.co.jp/
NEChttp://www.nec.co.jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング(携帯電話)
ドコモ、シリーズ初のGPS機能を搭載した「らくらくホンIV」を8月発売
ドコモ、幻想的なイルミネーションのパネルを着せ替えて楽しめる「SO704i」

オススメの記事