ソニー、最長301時間録音できるICレコーダー、1万円前後で

ニュース

2007/07/04 10:00

 ソニーは7月4日、ICレコーダーのエントリーモデルとして、モノラルマイクと512MBのフラッシュメモリを内蔵した「ICD-B60」を7月21日に発売すると発表した。カラーはシルバー、ホワイト、レッドの3色。価格はオープンで、実勢価格は1万円前後の見込み。

 前モデル「ICD-B50」と比べて2倍のメモリ容量を搭載し、LPモードの場合で約301時間35分録音できる。また、見やすい大型液晶ディスプレイを採用し、録音日時や録音できる残り時間などの日本語表示に対応する。

 直径28mm・実用最大出力250mWのスピーカーも搭載。電源は単4形乾電池2本を使用し、別売りのACアダプタにも対応する。本体サイズは幅34.6×高さ109.5×奥行き18.0mm、電池を含む重さは65g。

ソニーhttp://www.sony.co.jp/
「ICD-B60」=http://www.ecat.sony.co.jp/ic-recorder/product.cfm?PD=28087&KM=ICD-B60


■関連記事
本日の機種別ランキング【ICレコーダー】
ソニー、「ウォークマン Aシリーズ」8GBモデルにホワイトとピンク追加
ソニー、スリムな15.4ワイド液晶のBD搭載モデルなどノートPC4シリーズ
ソニー、30MB/sのメモリースティック高速版「PRO-HG デュオ」8月発売

オススメの記事