キヤノンは6月25日、小型・高輝度タイプの液晶プロジェクター「キヤノン パワープロジェクター LV?7265/LV?7260」を7月上旬から順次発売すると発表した。価格は、「LV?7265」が24万8000円、「LV?7260」が17万8000円。

 透過型液晶パネル方式を採用し、「LV?7265」で2500lm(ルーメン)、「LV?7260」で2000lmの高輝度を実現した。XGA(1024×768画素)のリアル投写に対応するほか、UXGA(1600×1200画素)までの入力信号を圧縮して高品位に表示することが可能。両機種とも、25型から300型までの投写が可能な1.6倍ズームレンズを装備し、「LV?7265」では2.8m、「LV?7260」では2.9mの距離から100インチの大画面で投写できる。

 動作音を29dBに抑える静音モードを搭載。起動から約8秒で映像の投写を開始するクイックスタートと、電源オフ時に約30秒で冷却ファンが停止するクイッククーリングで設置と収納を手軽に行うことができる。また、壁の色に応じて投写映像を最適な色に調整できるスクリーン色補正機能や、暗証番号を設定できるセキュリティ機能なども搭載する。

 さらに上位モデル「LV?7265」は、本体の傾きを自動的に検知して画面の歪みを適切に補正するオートキーストーン機能を搭載するほか、新たに5WのモノラルスピーカーとDVI端子を装備した。「LV?7260」の内蔵スピーカーはモノラル1W。本体サイズは2機種とも幅310×奥行き265×高さ109mm、重さは「LV?7265」が3.1kg、「LV?7260」は3.0kg。