NTTドコモは6月25日、第3世代携帯電話「FOMA」で、シンプルなデザインを採用したスライド式の韓国LG電子製端末「SIMPURE L2」を6月29日に発売すると発表した。

 NTTドコモは6月25日、第3世代携帯電話「FOMA」で、シンプルなデザインを採用したスライド式の韓国LG電子製端末「SIMPURE L2」を6月29日に発売すると発表した。

 本体のサイド部分になめらかな曲線を加え、手になじむようにしたほか、指の動きに合わせた押しやすいキーデザインを採用した「Curve&Square」フォルムが特徴。ユニクロの「ブラックショップ」などを手がけるグエナエル・ニコラ氏がデザインした。

 メインディスプレイは約2.2インチのTFTカラー液晶で、閉じたままでも操作できる有効130万画素のカメラを内蔵。事前に登録した定型文で簡単にメールが返信できる「シンプルメールリプライ」、キー1つで顔文字・絵文字・記号を呼び出せる「顔文字変換」、メールの入力時に絵文字を並べて作った絵文字熟語を予測表示する「絵文字熟語変換」などの機能を搭載し使い勝手も追求した。

 国際ローミングサービス「WORLD WING(3G+GSM)」に対応しており、日本で使っている電話番号・メールアドレスを海外で使うことができる。音声通話とSMS(ショート・メッセージ・サービス)は153の国と地域、iモードメールは101の国と地域で利用可能。

 海外での利用を想定し、海外から日本への国際ダイヤルをスムーズに行える「国際ダイヤルアシスト機能」、待受画面に日本と滞在先など任意の都市の時刻を表示できる「デュアルクロック」、世界地図を表示し、58都市の日時を確認できる「世界時計」、現地通貨の値段を円に換算するツール「単位変換ツール」といった機能も備えた。

 サイズは高さ98×幅48×厚さ17.6mm、重さは約110g。連続待受時間は静止時が約350時間、移動時が約200時間、連続通話時間は約140分。GSMの利用した場合の連続待受時間は静止時が約260時間、連続通話時間は約200分。カラーはロイヤルブラック、シルキーホワイト、ノーブルゴールドの3色。