アッカ・ネットワークスは6月21日、2.5GHz帯を利用した次世代の高速無線通信「WiMAX(ワイマックス)」の調査・検証と免許取得のための事業企画会社「アッカ・ワイヤレス」を7月上旬に設立すると発表した。

 新会社はアッカ・ネットワークスが100%出資する完全子会社で、資本金は3億円。社長には木村正治氏が就任する。アッカでは今秋にも総務省から交付が予定されている2.5GHz帯の免許交付に向け、新会社を通じて事業性や技術検証などを進める。免許取得後は、事業企画会社から事業会社に移行する予定。