アクティブ・ウェーブ(山本秀三社長)は6月20日、Windows Vista対応の多機能ドキュメント作成・節約印刷ユーティリティソフト「Document Manager」を6月22日に発売すると発表した。また、PDF作成ドライバを搭載し、PDF作成ソフトとしても利用できる「Document Manager PDF」のVista対応版も同日に発売する。

 「Document Manager」は、申請書などのPDFをはじめ、あらゆるドキュメント上に文字やスタンプ入力、チェックマークや強調したい部分の色付けなど、さまざまな編集・加工を行える「アノテーション機能」を搭載。一度入力したドキュメントを保存して再度編集できるため、繰り返し必要となる申請書などの作成に利用できる。「持ち出し禁止」や「社外秘」などの文字列を付加できる「カラー透かし文字機能」も搭載する。

 印刷機能では、ワード、エクセル、パワーポイント、ホームページなどの異なるドキュメントを合成・加工でき、1つのドキュメントとして、印刷できる「何でもまとめて印刷」機能を搭載。各ドキュメントを画面上で合成し、ページ並べ替え、不要ページ削除、ページ回転などを行い、合成ドキュメントを自在に作成できる。

 このほか、最大16ページ分を1枚の紙に縮小して割り付け印刷できる「分割縮小印刷」機能、端が切れずにホームページなどを印刷できる「用紙サイズ縮小印刷」機能を用意。印刷前にプレビュー画面で不要ページを削除するなど、印刷イメージを確認できるため、無駄な印刷を防げ、インク(トナー)と紙を節約できる。

 さらに、PDF対応版「Document Manager PDF」は、PDF作成ドライバを搭載するため、作成したドキュメントをPDF形式で出力・保存することが可能。ワード、エクセル、パワーポイントに組み込み、PDF作成に利用できる。

 価格は、「Document Manager」のパッケージ版が6090円、ダウンロード版が3990円。「Document Manager PDF」のパッケージ版が8190円、ダウンロード版が5460円。対応OSはともにWindows Vista(32bit版)/XP/2000。