コレガ(加藤彰社長)は6月19日、ピクセラ(藤岡浩社長)のチューナーチップセットとソフトウェアを採用した、デジタルラジオ対応のUSBワンセグチューナー「CG-3SGTR」を7月中旬に発売すると発表した。

 コレガ(加藤彰社長)は6月19日、ピクセラ(藤岡浩社長)のチューナーチップセットとソフトウェアを採用した、デジタルラジオ対応のUSBワンセグチューナー「CG-3SGTR」を7月中旬に発売すると発表した。

 パソコンのUSBポートに接続し、ワンセグとデジタルラジオ(1/3セグ放送)を視聴することができる。ワンセグは録画も可能。チューナーチップセットはピクセラが国内で開発したもので、日本のデジタル放送向けに高い受信性能と超低消費電力を両立した。また、視聴ソフト「StationMobile for corega」は、データ放送の双方向通信にも対応。データ取得に通信を必要とするコンテンツも閲覧することができる。