マイクロソフトは6月18日、「Windows Vista」に標準搭載されている最新技術「Windows Presentation Foundation(WPF)」が、次世代ウェブコンテンツ「MEGASTAR ONLINE」の構築で採用されたと発表した。

 マイクロソフトは6月18日、「Windows Vista」に標準搭載されている最新技術「Windows Presentation Foundation(WPF)」が、次世代ウェブコンテンツ「MEGASTAR ONLINE」の構築で採用されたと発表した。

 「WPF」は、従来の文字や静止画像だけではなく、動画やアニメーション、3次元グラフィックスなどを使ったユーザーインターフェイスの開発が可能。C#、VB.NETなどのプログラム言語に加え、「XAML」と呼ばれるウェブ作成用のマークアップ言語にも対応する。

 今回、WPFを採用した「MEGASTAR ONLINE」は、世界的なプラネタリウムクリエイターの大平貴之氏が開発した最先端プラネタリウム「メガスター」から移植したコンテンツをネット上で楽しむことができるウェブサイト。ユーザーは方角や角度、季節や時間などを自由に設定し、さまざまな星空を疑似体験することができる。


 「メガスター」は、約500万個の恒星を投影できるスーパープラネタリウム。従来のプラネタリウムでは空気のきれいな山奥などで確認できる6等星、恒星数は1万個程度までしか投影できないが、「メガスター」は、肉眼で確認できない12.5等星まで投影できる。

 発表会で開発者の大平氏は「通常のプラネタリウムでは、天の川を薄ぼんやりと明るい光の筋として表現するが、『メガスター』であれば、星が1つ1つ点として確認できる」とメガスターが持つ高精細な表現力を強調した。

 「MEGASTAR ONLINE」はWindows Vistaのみに対応。Windows XPで閲覧する場合には別途、「.NET Framework 3.0」をインストールする必要がある。現在、β版を提供しており、今年の8月に正式サービスを開始する予定。

 同時にマイクロソフトでは、アスク ドット ジェーピー、NECビッグローブ、日経BP、ブリヂストンソフトウエア、楽天の5社も、今後、「WPF」の特徴を活かしたウェブコンテンツを構築していくと発表した。