日立リビングサプライ(常吉信吾社長)は6月18日、地上・BS・110度CSデジタルチューナー内蔵のハイビジョン対応液晶テレビ2機種を7月2日に発売すると発表した。23V型「23LCD-H5」、20V型「20LCD-H5」をラインアップした。価格はオープン。実勢価格は「23LCD-H5」が11万円前後、「20LCD-H5」が10万円前後の見込み。

 日立リビングサプライ(常吉信吾社長)は6月18日、地上・BS・110度CSデジタルチューナー内蔵のハイビジョン対応液晶テレビ2機種を7月2日に発売すると発表した。

 23V型「23LCD-H5」、20V型「20LCD-H5」をラインアップした。価格はオープン。実勢価格は「23LCD-H5」が11万円前後、「20LCD-H5」が10万円前後の見込み。

 画素数が1366×768のハイビジョン対応IPS(横電界)液晶パネルを採用。視野角は上下左右178度。電子番組表(EPG)のほか、デジタル放送は字幕放送、データ放送に対応。地上アナログ放送用に映像ノイズを軽減する3次元Y/C分離回路を搭載した。

 デジタルで映像・音声を劣化することなく伝送できるHDMI端子、ハイビジョン対応のD4端子を1基ずつ装備。また、前5、後10、左右20度のチルト・スイーベル機能を装備し、ユーザーが見やすい角度に画面を調整できる。スタンドを含むサイズは、「23LCD-H5」が幅58.8×高さ41.4×奥行き21.0cm、「20LCD-H5」は幅50.9×高さ40.5×奥行き21.0cm。