シャープは6月14日、14.1型ワイドピュアクリーン液晶を搭載したコンパクトタイプのノートPC「Mebius(メビウス) CWシリーズ」2機種を6月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は上位モデル「PC?CW50T」が15万円前後、下位モデル「PC?CW40T」が12万円前後の見込み。

 シャープは6月14日、14.1型ワイドピュアクリーン液晶を搭載したコンパクトタイプのノートPC「Mebius(メビウス) CWシリーズ」2機種を6月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は上位モデル「PC?CW50T」が15万円前後、下位モデル「PC?CW40T」が12万円前後の見込み。

 「CWシリーズ」は、従来の「WT/WEシリーズ」よりひとまわり小さい14.1型ワイド液晶を採用した新シリーズ。底面積・質量ともに同モデルの約90%のコンパクト設計ながら、1280×800ドットのWXGA表示に対応したワイド画面を採用。本体カラーはホワイトで、パームレスト部や表示カバーには、汚れがつきにくいUVコーティングを施した。

 ソフトウェアは、「脳力トレーナー」や、「ウノタン 高める記憶力」など脳を鍛える学習ソフト3種を搭載するほか、電子書籍「FlipBook」が楽しめる専用ビューア「FlipViewer」を備える。上位モデルの「PC?CW50T」は、統合ビジネスソフト「Office Personal 2007」も搭載する。

 OSはWindows Vista Home Basic、CPUにはAMD Sempron 3400+を採用。HDD容量は80GB。DVD±R 2層書き込みに対応したDVDスーパーマルチドライブ、IEEE802.11b/g準拠の無線LANなども搭載する。メモリとバッテリー駆動時間は、上位モデル「PC?CW50T」が1GBで1.3時間、下位モデル「PC?CW40T」は512MBで1.4時間。本体サイズは2機種とも幅330×奥行252×高さ37mm、重さは2.3kg。