セイコーエプソン(花岡清二社長)は6月14日、「オフィリオプリンタ」シリーズで、A3カラー対応のページプリンタ「LP-S6000」「LP-S5000」の2機種と、印刷管理ソフト「Offirio SynergyWare PrintDirector」を6月27日から順次発売すると発表した。

 「LP-S6000」は、設置面積0.32平方メートルと省スペースでデスク上にも設置できる高速カラー印刷モデル。印刷速度はA4サイズ時でカラー24枚/分、モノクロ30枚/分。

 USBのほか、100BASE-TX/10BASE-T対応のネットワークインターフェイスを標準装備。3way給紙や両面印刷、長尺印刷にも標準で対応する。漢字表示が可能なバックライト付きワイド液晶パネルを搭載。また、プリンタの定期交換部品が簡単に交換できる設計を採用した。

 「LP-S5000」は、設置面積0.27平方メートルのコンパクトモデル。印刷速度はA4サイズ時でカラー8枚/分、モノクロ35.8枚/分で、オフィスで出力頻度が高いモノクロも高速印刷が可能。騒音源となるファンのないファンレス設計とすることで静音性も確保した。

 USBのほか100BASE-TX/10BASE-T対応のネットワークインターフェイスを搭載。2way給紙に対応し、別売りオプションで両面印刷にも対応する。漢字表示が可能なワイド液晶パネルも搭載する。

 「Offirio SynergyWare PrintDirector」は、「誰が」「何を」「いつ」「何枚」印刷したかを把握できる「印刷履歴管理」機能や、ユーザーやグループごとに印刷枚数の上限値を設定できる「印刷枚数制限」機能、トナーや感光体の残量を確認できる「消耗品管理」機能などを搭載し、ネットワーク上に分散配置されたプリンタを効率的に集中管理することができるソフト。

 本体サイズは、「LP-S6000」が幅590×高さ388×奥行き539mm、「LP-S5000」は幅499.5×高さ407×奥行き537mm。価格は税別で、「LP-S6000」が17万9800円、「LP-S5000」が13万9800円。「Offirio SynergyWare PrintDirector」は15万円。