ユニデン(大森聡代表)は、地上アナログチューナーのみを搭載し、フルハイビジョン(フルHD)に対応した42、37V型液晶テレビと、地上デジタルチューナーを内蔵した19V型液晶テレビを7月10日から順次発売すると発表した。同社の直販サイト「Uiden Direct」や電話通販など通じて販売する。

 ユニデン(大森聡代表)は、地上アナログチューナーのみを搭載し、フルハイビジョン(フルHD)に対応した42、37V型液晶テレビと、地上デジタルチューナーを内蔵した19V型液晶テレビを7月10日から順次発売すると発表した。同社の直販サイト「Uiden Direct」や電話通販など通じて販売する。

 42V型「TL42AZ1」、37V型「TL37AZ1」は、解像度が1920×1080、輝度は500cd/m2、応答速度は6msec(ミリ/秒)の液晶パネルを採用。デジタルチューナーは搭載せず、地上アナログチューナーのみを内蔵する。

 入力端子にはHDMIを2基搭載しており、CATVやゲーム機、次世代DVD機器などのフルHD映像をそのまま画面に表示できる。オーディオ機能には、映画やゲームなどの音を重低音と立体音場で再生するサラウンド技術「SRS TruSurround XT」を採用。臨場感あふれるサウンドを出力する。

 一方、19V型「TL19TX1」は、地上デジタルチューナーのみを内蔵。解像度が1440×810、輝度は300cd/m2、応答速度が5msecの液晶パネルを搭載した。EPG(電子番組表)、字幕表示に対応する。

 オーディオ機能はデジタルアンプを使用して劣化が少ない音を再生する「ピュアデジタルサウンドプロセッシング」を採用。入力端子はHDMI1基をはじめ、コンポーネント、ビデオ入力などを備えた。

 3モデルとも、色補正機能「マルチドメインカラーマッピング」、輪郭補正機能「インテリジェントクラリティ」を搭載したほか、製造時にパネル1枚1枚の特性を測定し、放送規格で想定された特性へ補正する「ガンマオプティマイゼーション」も施した。

 「TL42AZ1」「TL37AZ1」は6月25日から予約を受け付け、7月10日に出荷を開始する。価格は「TL42AZ1」が17万9800円、「TL37AZ1」が13万9800円。「TL19TX1」は4万6800円で7月10日から予約を受け付け、7月25日に出荷を始める。3機種とも、カラーはブラックとホワイトの2色。

 ユニデンの片岡憲保・デジタル家電事業本部本部長は今回の新製品について、「価格を抑えるため、チューナーなどは省いたが、画質面ではこだわった」と述べた。また、42、37V型モデルで地上デジタルチューナーを省いたことについては「ハイビジョン対応ゲームやハイビジョンのパッケージメディアを楽しむユーザーをターゲットにしており、テレビというよりモニターとしての利用シーンを想定している」と説明した。