アルプス システム インテグレーション(ALSI、大喜多晃社長)は、Windows VistaとInternet Explorer 7に対応した家庭向けフィルタリングソフト「InterSafe Personal ver 2.1」を7月10日に発売すると発表した。1年間有効のライセンス価格は、パッケージ版が6090円、ダウンロード版が4410円。

 また同社は、「フィルタリング普及啓発アクションプラン2007」の活動の一環として、7月10日から9月30日までの夏休み期間中に限り、同製品を無償提供すると発表した。最新版を無償提供することで、夏休み中、子どもたちが安心してインターネットを利用できるようにする。

 「InterSafe Personal」には07年5月現在、約6000万ページにおよぶ規制URLデータベースが登録されており、計35名の専任リサーチャーが目視確認により毎日更新。精度の高い規制URLデータベースを使用することで、インターネットの有用性を損なうことなく、有害サイトを規制できる。フィルタリングデータベースの更新はサーバー側で行うため、更新の手間が不要で、常に最新のデータベースによるフィルタリングを行うことができる。

 ブラウザに依存せずに通信層を監視しているため、NetscapeやOperaなどInternet Explorer以外のブラウザでも的確な規制が可能。インストールと設定も容易で、コンピュータに不慣れな人でも簡単にフィルタリング設定を行うことができる。また、「マルチアカウント機能」を搭載し、複数人で1台のPCを利用する場合でも、ユーザーごとにフィルタリングルールの設定を変更できる。対応OSは、Windows Vista、XP、2000。