NTTコムウェア(今井郁次社長)は6月7日、電子透かしを利用したフィッシング対策ソリューション「PHISHCUT(フィッシュカット)」がWindows Vistaに対応し、6月11日から提供開始すると発表した。

 NTTコムウェア(今井郁次社長)は6月7日、電子透かしを利用したフィッシング対策ソリューション「PHISHCUT(フィッシュカット)」がWindows Vistaに対応し、6月11日から提供開始すると発表した。

 「フィッシュカット」は金融機関やインターネットバンキング、ショッピングサイトなどのWebサイトに電子透かしを埋め込み、利用者の専用ソフトと認証システムとで連携し、Webサイトの認証を行うASP形式のサービス。フィッシングサイトの検出や、認証結果をユーザーに伝える機能などにより、IDやパスワードなどの重要情報がフィッシングサイトへ送信されるのを防止する。

 従来は、対応OSがWindows XP、2000で、ブラウザは「Internet Explorer 6」に限られていた。NTTコムウェアでは、銀行などのニーズと、より幅広いパソコン利用者がフィッシング対策に対応できるよう、Windows Vistaに対応したフィッシュカットの提供を開始する。

 なお、ブラウザについては、すでに「Internet Explorer 7」にも対応している。また新バージョンでは認証結果を「フィッシュカット」のツールバーの色変化だけでなく、吹き出しでも告知し、より見やすくした。

 今後は、金融機関や自治体、インターネットショッピングサイトに対してさらに積極的な展開を目指し、07年度は1億円の売上を目指す。