日立マクセル(角田義人社長)は6月5日、DVDメディアや電池などの同社製品を販売する一般消費者向けオンラインショップ「マクセルオンライン」を開設した。

 メーカー直販サイトならではの充実した品揃えが特徴。通常の製品のほか、多様化が進むユーザーニーズに対応し、「店頭には並びにくい少量生産品」や、国内では手に入らない海外向けの製品、一部の業務用途(BtoB)向け商品、システム製品向け消耗品なども販売する。

 機能面では、高度な検索機能を用意し、購入したい製品を探しやすくした。また、マクセルのオフィシャルウェブサイトと連動させ、常に最新の商品や関連情報を発信する。送料は全国一律525円で、合計金額が3150円以上の場合は無料。代金の支払いは、クレジットカード、銀行振込、郵便振込、代金引換から選べる。

 日立マクセルでは、今回の開設を記念し「MAXELL?ONLINE.comグランドオープン記念キャンペーン」を実施。会員登録の上、税込み合計3150円以上の商品を購入した先着300人にオリジナルキャンバストートバッグをプレゼントするほか、デジタルカメラや携帯デジタルオーディオに利用できるSDメモリカードのアウトレット品などの特価品を、4週間にわたり週替りで提供する。