いすゞ自動車(井田義則社長)とKDDI(小野寺正社長兼会長)は5月31日、両社が共同開発した商用車向けの運行状況管理システム「みまもりくんオンラインサービス」を一新。新しい車載機「新型 みまもりくんコントローラー」と併せ、同日に発売したと発表した。


 「みまもりくんオンラインサービス」は04年2月から提供している運行状況管理システム。GPSによる搭載車の位置情報や、燃費、CO2などの排出量などの情報を集積、蓄積し、輸送事業者などに提供するもの。今回の新サービスでは双方向通信を実現。事業者から車両へのデータ送信などが可能になった。

 サービスメニューとしては、管理者のパソコンから車両にメッセージを送信する「メッセージ配信」や部品の交換時期を自動で判断し、ドライバーと管理者に知らせる「車両メンテ時期お知らせ」などを追加。また、セキュリティ機能として、キーON時にパスワードを入力しなかったり、パスワードを間違えた場合に管理者に通報する「盗難かも? 警報サービス」も提供する。

 新型車載機には、CDMA 1X WIN対応の通信モジュールと、デジタル式タコグラフ(運行記録計)機能を内蔵する「インターネットデジタコ」を国内で初めて搭載した。タコグラフとは、運行中の速度、時間、距離をチャートとして記録する装置で、車両総重量8トン以上、または最大積載量5トン以上の車両に装備が義務づけられているが、デジタル式タコグラフはこのデジタル版。


 さらに「インターネットデジタコ」では無線通信機能を装備しているため、データ記録用のメモリーカードによるデータの吸い上げ作業が不要になるほか、長期間の運行の際に、車両が事務所に戻らなくても運行解析を行うことができるのが特徴。

 このほか新型車載機には、スピーカーとモノクロの液晶モニタも装備。省燃費運転の状況や、管理者からのメッセージなどをドライバーに伝えることができるようになった。

 初期導入費用は7万9980円で、取り付け工賃が別途必要になる。なお、デジタルタコグラフ機能は有料オプションで、3年間パックで2万8000円。月額使用料は基本サービスが945円、オプションの「温度お知らせ機能」が525円、「運行軌跡機能」「指定位置外ドア開お知らせ機能」が315円。