セイコーエプソン(花岡清二社長)は5月30日、4ラインCCD搭載を搭載した、光学解像度4800dpiのA4フラットベッドスキャナ「GT-F670」を6月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、価格は1万8000円前後の見込み。

 セイコーエプソン(花岡清二社長)は5月30日、4ラインCCD搭載を搭載した、光学解像度4800dpiのA4フラットベッドスキャナ「GT-F670」を6月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、価格は1万8000円前後の見込み。

 RGB(赤・緑・青)各色4ライン、計12ラインのCCDラインセンサーを新たに配置し、ノイズを抑えた高速スキャンができるのが特徴。フィルムスキャンは、35mmストリップ6コマ、マウント4コマの連続スキャンに対応。ネガ・ポジ問わず、多彩なフィルムを読み取れる。さらに4800dpi時の高解像度設定でも、35mmポジフィルムで1コマ1分48秒と、クラス最速の読み取りスピードを実現した。

 スキャナドライバ「EPSON Scan(Ver.3.1)」には、写真・フィルムの「自動回転機能」を追加。人物や風景などの天地を自動で判別する。「ホコリ除去」「逆光補正」「退色復元」「粒状低減」などの高度な画像補正機能も備える。

 本体には、ボタンひと押しで手軽にスキャンできる「スキャナビ」「メールナビ」「コピーナビ」「PDFナビ」の4つのボタンを装備。複数ページのPDFファイルも、「PDFナビ」「スキャナビ」を押すだけで簡単に行える。サイズは幅280×奥行き430×高さ57mm、重さは約2.6kg。