バッファロー(斉木邦明社長)は5月23日、市販のブルーレイディスクを再生できるUSB接続の外付けBD-ROMドライブ「BRC-5125U2」と、シリアルATA対応内蔵用BD-ROMドライブ「BRC-5125FBS-BK」を6月下旬に発売すると発表した。

 「BRC-5125U2」「BRC-5125FBS-BK」は、BD-ROMの再生と、DVD-RAM/DVD±R/±RWの読み書きに対応。DVDやCDの再生も可能で、「PowerRead機能」を搭載し、キズや汚れの付いた市販のBDタイトル、DVD-Videoでも停止せずに再生できる。

 ソフトは、ブルーレイディスク再生ソフト「CyberLink PowerDVD7 BD Edition」をはじめ、動画再生ソフト、DVDオーサリングソフト、ライティングソフト、バックアップソフトなどが付属。ディスクからの情報流出を防ぐ、暗号化ソフトも付属する。

 また、ビデオカメラなどで撮影したAVCHD規格のハイビジョン映像ディスクやファイルの再生・バックアップに対応。今後、AVCHDディスクからのDVD-Video作成や、MPEG2映像などからAVCHDへのエンコードにも対応する予定。

 「BRC-5125U2」はUSB2.0/1.1対応の外付け型、「BRC-5125FBS-BK」は、Serial ATA接続の内蔵型。どちらも縦置き、横置き両方に対応する。書き込み速度は、DVD-RAM5倍、DVD-R12倍、DVD-R(2層)4倍、DVD-RW6倍など。対応OSはWindows Vista、XP。

 また同時に、DVD±Rに高速で書き込める、USB2.0対応の外付け記録型DVDドライブ「DVSM-X1220U2」を5月下旬に発売すると発表した。

 転送方法を最適化し、USB2.0の実効転送速度を大幅に向上させる新機能「TurboUSB」を搭載することで、従来ボトルネックとなっていたUSB2.0の実効転送速度を高速化。外付けタイプでDVD±Rメディアへの書き込み速度20倍速を実現した。

 その他の書き込み速度は、DVD-RAMが12倍、DVD-R(2層)が10倍、DVD-RWが6倍など。ソフトは、動画編集・DVDオーサリングソフト「Sonic MyDVD」、DVD再生ソフト、データライティングソフト、データ暗号化ソフトなどが付属する。対応OSは、Windows Vista、XP、XP MCE2005、2000。

 税別価格は、BD-ROMドライブ「BRC-5125U2」が6万3700円、「BRC-5125FBS-BK」が5万3000円、DVDドライブ「DVSM-X1220U2」は1万2500円。