情報処理推進機構(IPA、藤原武平太理事長)は5月23日、「電子メールのセキュリティ対策」など、企業の情報システムのセキュリティ対策について最新の技術や脅威の動向をまとめた資料をサイトに公開したと発表した。

 情報処理推進機構(IPA、藤原武平太理事長)は5月23日、「電子メールのセキュリティ対策」など、企業の情報システムのセキュリティ対策について最新の技術や脅威の動向をまとめた資料をサイトに公開したと発表した。

 「小規模企業のための情報セキュリティ対策」は、家庭やSOHO、小規模企業・組織で、インターネットに接続しコンピュータを利用しているユーザーやネットワークの管理者向けに、セキュリティ対策のポイントを解説。セキュリティ対策のポイントごとに、具体的な設定方法も記載しており、コンピュータについての知識が少なくても実践できるようにした。

 「大企業・中堅企業の情報システムのセキュリティ対策?脅威と対策?」は、大企業、中堅企業のシステム管理者向けに、情報システムやネットワークの構築・運用管理で行う情報セキュリティ対策をまとめた参考資料。

 情報セキュリティ対策を包括的にわかるように活用シーンごとに分け、それぞれについて動向と脅威、対策を整理することで、脅威の手口や技術的な対策との関係が理解できるようにした。

 「電子メールのセキュリティ“電子メールの安全性を高める技術の利用法”」は、ネットワークの管理者を対象に、暗号技術の利用方法をポイントにした電子メールのセキュリティ対策を解説した。

 具体的には、公開鍵証明書の確認ポイントや入手・管理方法の説明、S/MIME対応の電子メールソフトの設定・利用方法、PKIに対応したセキュリティトークンを電子メールソフトで利用するための手順などを紹介している。