ロジクール(ケン・オーバーマン社長)は、新ビデオエフェクト機能「ファン・フィルター」に対応したノートPC用ウェブカメラ「Qcam Deluxe for Notebooks(QCAM-130V)」「Qcam for Notebooks(QCAM-30V)」を6月8日に発売する。価格はオープンで、「ロジクールオンラインストア」価格は「QCAM-130V」が6980円、「QCAM-30V」が4980円。

 ロジクール(ケン・オーバーマン社長)は、新ビデオエフェクト機能「ファン・フィルター」に対応したノートPC用ウェブカメラ「Qcam Deluxe for Notebooks(QCAM-130V)」「Qcam for Notebooks(QCAM-30V)」を6月8日に発売する。価格はオープンで、「ロジクールオンラインストア」価格は「QCAM-130V」が6980円、「QCAM-30V」が4980円。

 「QCAM-130V」「QCAM-30V」は、自宅や外出先で手軽にテレビ電話やビデオチャットが楽しめるマイク内蔵型の30万画素ウェブカメラ。エコーキャンセリング機能を持つ独自の「RightSound」技術を強化し、新たにバックグラウンドノイズを低減させる機能を付加することで、ヘッドセットを使わなくても高音質で通話できるようになった。

 また、ユーザーの顔や、背景にある椅子など、カメラで撮影した画像にアウトラインなどのエフェクトをかけることが可能な新しいビデオエフェクト機能「ファン・フィルター」に対応。ボタンをクリックするだけで、魚眼レンズ、ネオンライト、チョークボードなど10種類のエフェクトを映像に加えることができる。

 「QCAM-130V」は、透明度の高いガラスレンズと、薄暗い照明や逆光でも鮮明な映像を生成するRightLight技術を採用した上位モデル。厚さ20mmまでのノートPC用ディスプレイにカメラを固定できるバネ式のクリップを採用し、携帯に便利なキャリングケースも付属する。

 2機種とも、ビデオキャプチャーは最大30万画素(640×480)、静止画キャプチャーはソフトウェア処理で最大130万画素まで対応。フレームレートは最大30フレーム/秒。本体サイズは「QCAM-130V」が幅29×奥行き38×高さ59mm、エントリーモデル「QCAM-30V」が幅44×奥行き40×高さ49mm。対応OSは、Windows Vista、2000、XP。