シャープは5月17日、電子辞書「Papyrus(パピルス)」で、文字を書き込む入力枠の数を選択できる手書きパッドを搭載した新モデル「PW-AT760」を5月25日に発売すると発表した。カラーはシルバーとブラックの2色。価格はオープンで、実勢価格は3万3000円前後の見込み。

 シャープは5月17日、電子辞書「Papyrus(パピルス)」で、文字を書き込む入力枠の数を選択できる手書きパッドを搭載した新モデル「PW-AT760」を5月25日に発売すると発表した。カラーはシルバーとブラックの2色。価格はオープンで、実勢価格は3万3000円前後の見込み。

 手書きパッドを使って文字を入力する場合に、文字入力枠を「1枠」「2枠」の2つから選択できる「入力枠切替」機能を業界で初めて搭載した。画数が多く、複雑な漢字は「1枠」を、漢字2文字の言葉は「2枠」を選択するなど、入力したい文字や言葉に合わせて枠数を選択できる。また、入力文字の手書き認識方法を切り替える機能も搭載。従来の「自動認識」のほか、認識ボタンをクリックしない限り文字認識を行わない「手動認識」も選択できる。

 コンテンツは、三省堂の「スーパー大辞林3.0」のほか、角川書店の「日本語の常識・非常識」、法研の「医者からもらった薬がわかる本2007」、くもん出版の「脳を鍛える大人の計算ドリル」など、生活に役立つ計100コンテンツを収録。「スーパー大辞林3.0」には、クラシック音楽や、鳥の鳴き声など約470の音声も収録した。

 別売りのコンテンツカードに対応したSDメモリカードスロットを装備。また新たに、SDカードに保存した語学学習やCD教材の音声データを活用できるMP3プレーヤー機能や、DHCの「英会話とっさのひとこと辞典」に収録する日本語と英語のフレーズ音声を連続して再生する「音声連続再生」機能を搭載した。

 液晶画面サイズは5.4型。単4形アルカリ乾電池2本で駆動し、約140時間の使用が可能。突起部を含む本体サイズは幅141.9×奥行き108.3×高さ18.7mm、電池、タッチペンを含む重さは約259g。