富士通は5月16日、コンバーチブル型で世界最小の法人向け小型モバイルパソコン「FMV-U8240」を6月中旬から順次発売すると発表した。

 サイズは幅171×高さ133×厚さ26.5mm、重さは580g。07年4月にインテルが発表した小型モバイルパソコン用半導体セット「Ultra Mobile Platform 2007」を搭載した。

 1024×600ドットの5.6型ワイド液晶で、180度回転させて折りたためばタブレット型に変形できるコンバーチブル型タッチパネルをディスプレイに装備。デスクでの使用ではキーボード入力、プレゼンテーションなどはタブレットでペン入力といった使い方ができる。キーボードのピッチは14mmで、キーボートライトも備える。専用の機能拡張ユニットを使用することで、外付けディスプレイやキーボードと接続することも可能。

 また、標準で指紋センサーを搭載。BIOSパスワードを指紋認証で代行できる機能、一度の認証でWindowsログオンやアプリケーションのログオンまで行えるシングルサインオンにも対応する。本体のUSBポートやDVDなどの光学ドライブへの書き込みを無効にし、データの不正な持ち出しを防止する機能「Portshutter V2」も装備した。

 OSとメモリ容量が異なる3モデルを用意。CPUはいずれもインテル A110(800MHz)、HDDは20GBで、BTOでカスタマイズすることもできる。税別価格は、Windows XP Professionalと512MBのメモリを搭載したモデルが14万4000円、同OSと1GBのメモリを搭載したモデルが16万4000円、Windows Vista Businessと1GBのメモリを搭載したモデルで16万4000円。