松下電器産業は5月15日、HDD内蔵のカーナビゲーションシステム「Strada(ストラーダ)」で、地上デジタル放送(地デジ)やワンセグを受信できるフラッグシップモデル「Fクラス」3機種を6月11日から順次発売すると発表した。

 松下電器産業は5月15日、HDD内蔵のカーナビゲーションシステム「Strada(ストラーダ)」で、地上デジタル放送(地デジ)やワンセグを受信できるフラッグシップモデル「Fクラス」3機種を6月11日から順次発売すると発表した。


 ラインアップと価格は、地デジ受信とMD、DVD、CDの再生が可能なインダッシュ型の「CN-HDS965TD」が35万4900円、地デジ受信とDVD、CDの再生が可能な2DIN型の「CN-HDS945TD」、オンダッシュ型の「CN-HDS915TD」が34万4400円。


 3機種ともに、地デジ受信用に4つのチューナー、アンテナを搭載。従来機種よりも地デジの受信可能距離が1.8倍に拡大し、高速走行やビル間など電波が乱れる場合でも安定して受信することができる。地デジの受信エリア外に移動した場合は、自動または手動でワンセグに切り替え可能。地上アナログ放送も受信できる。


 ディスプレイには、7インチで115万画素のワイドVGA液晶を採用。松下の薄型テレビ「VIERA(ビエラ)」の高画質画像処理回路「PEAKS(ピークス)」を搭載しており、フルデジタル処理で映像を高画質で表示する。

 オーディオ機能ではオペアンプを採用し、プリアンプ回路の処理能力を向上させることで、高音質で音楽を再生できるようにした。SDメモリカードに保存した音楽を再生できる「SDオーディオ」にも対応。iPodにも対応しており、別売りのインターフェイスケーブルで接続すれば、カーナビからiPodの操作・音楽再生ができるほか、充電も行える。


 オプションの「CY-BT200D」を利用することで、Bluetooth対応の携帯オーディオや携帯電話に保存した音楽ファイルをワイヤレスで再生することもできる。携帯電話ではハンズフリー通話も可能。「CY-BT200D」の価格は2万1000円。

 松下では、ドライブスポットや地図検索などのサービスを提供するユーザー専用サイト「おでかけストラーダ」も用意。サイト上でドライブプランを作り、SDカードに保存。そのSDカードをカーナビに挿入すれば簡単な操作でルートを作成できる。「おでかけストラーダ」は、パソコン版、携帯電話版のほか、8月には同社の薄型テレビ「VIERA」で利用できるテレビ向けインターネットサービス「アクトビラ」対応版も開設する予定。利用は無料。


 発表会に出席した、松下電器産業 パナソニックオートモティブシステムズ社の北代耿士社長は「松下ではカーナビゲーション事業を中期経営計画で成長事業の1つに掲げており、当社も去年の売り上げが全世界で6620億円と設立以来4年連続の2ケタ増が続いている。今後も地デジをはじめ、ETCやカメラ機能などと合わせ、総合力を生かしていきたい」と意気込みを述べた。


 発表会にはCMソングを歌うテノール歌手の秋川雅史さんも登場。会場でCMソングを披露した。また、イタリア語で「道」を意味する商品名のストラーダに触れ、「ストラーダは響きの美しい言葉。イタリア語は世界で一番言葉の響きが美しく、ストラーダも全世界に広がっていけばいいと思う」とエールを送った。