コレガ(加藤彰社長)は5月8日、豊富なカラーバリエーションを採用した超小型スイッチングハブ「CG-SW05TXSRシリーズ」7機種を5月中旬に発売すると発表した。本体カラーはホワイト、ブラック、ネイビー、シルバー、ライトブルー、ピンク、ダークレッドの7色で、価格はいずれも2919円。

 幅85×奥行き29×高さ65mmのコンパクトサイズで、100BASE-TX/10BASE-Tスイッチングポートを5ポート装備する。RJ-45ポートはすべて背面に配置し、ケーブルが煩雑にならないようにした。

 全ポート、ストレート/クロスを自動的に判別・切り替えを行うAuto MDI/MDI-Xに対応し、配線ミスなどのトラブルを回避できる。「オートネゴシエーション機能」を搭載しており、100Mbps(メガビット/秒)、10Mbps、Full Duplex/Half Duplexの自動認識も可能。

 きょう体は、アクリルパネルを表面に使った独自のデザインを採用。外部電源としてACアダプタを利用することで小型化を図った。ファンレス設計に加え、国内メーカー製の電解コンデンサを使用し、高い信頼性も実現した。