イーブック イニシアティブ ジャパン(鈴木雄介社長)は、学びing(斉藤常治代表取締役)と提携し、オリジナル検定サイト「けんてーごっこ」上で、水木しげるの漫画「ゲゲゲの鬼太郎」に登場するキャラクターになぞらえて性格診断ができる「ゲゲゲの鬼太郎診断」を開始した。同作品の映画化を記念したもので、利用は無料。

 イーブック イニシアティブ ジャパン(鈴木雄介社長)は、学びing(斉藤常治代表取締役)と提携し、オリジナル検定サイト「けんてーごっこ」上で、水木しげるの漫画「ゲゲゲの鬼太郎」に登場するキャラクターになぞらえて性格診断ができる「ゲゲゲの鬼太郎診断」を開始した。同作品の映画化を記念したもので、利用は無料。

 「ゲゲゲの鬼太郎診断」は、「けんてーごっこ」の他のオンライン検定とは異なり、質問に対して自分に当てはまるものを選び、回答に応じて「鬼太郎タイプ」「ねずみ男タイプ」「目玉おやじタイプ」の3つに分類される診断テスト方式を採用。診断後は、分類されたキャラクターのイラストをあしらった認定証が受け取れる。

 「けんてーごっこ」は、ユーザーがオリジナルのオンライン検定を作成し、他のユーザーとその検定を共有できるコミュニティサイト。検定はブログパーツ化し、自身のブログやSNSの日記ページに貼り付けることができ、ネット上での口コミ効果が期待できる。

 また、検定を受験して合格すると、名前・合格日のハンコ・順位/総受験者数(リアルタイム集計)が表示された合格認定証をダウンロードできる。検定のカテゴリーはエンターテインメント・知識・生活・趣味などでさまざまな分野に渡り、会員登録なしで手軽に受験可能。検定の作成と認定証の発行時のみ会員登録が必要となる。

 イーブックでは、「ゲゲゲの鬼太郎診断」の開始にあわせ、同社が運営する電子書籍販売サイト「eBookJapan」内の「水木しげる館」をリニューアル。映画紹介コーナーを設置したほか、今後はゲゲゲの鬼太郎の読者コミュニティも開設する予定。