シャープは4月26日、最短0.8秒の高速起動が可能なVHS一体型HDD-DVDレコーダー「DV-ACV52」を5月21日に発売すると発表した。HDD容量は250GB。価格はオープンで、実勢価格は11万円前後の見込み。

 シャープは4月26日、最短0.8秒の高速起動が可能なVHS一体型HDD-DVDレコーダー「DV-ACV52」を5月21日に発売すると発表した。HDD容量は250GB。価格はオープンで、実勢価格は11万円前後の見込み。

 地上・BS・110度CSデジタルチューナーと地上アナログチューナーをそれぞれ1系統ずつ搭載し、デジタル放送をハイビジョンで録画・再生できる。電源スタンバイの状態から、わずか0.8秒で動作状態になる世界最速の「一発起動」が特徴で、すぐにスタートメニューや電子番組表(EPG)を表示して操作できる。

 同社製液晶テレビ「AQUOS」など、対応する複数のAV機器を連携させて1つのリモコンで操作できる「AQUOSファミリンク」に対応。ボタンの配置や形状、クリック感などを工夫した「新ファミリモコン」を採用し、利便性を高めた。「AQUOSファミリンク」に対応した「AQUOS」とi.LINKで接続すれば、付属のリモコンの「i.LINK録画」ボタンを押すだけで、デジタル放送を2番組同時に録画することもできる。

 このほか、「AQUOS」との操作性を考慮した「高精細デジタル番組表」や録画した番組を一覧表示する「高精細録画リスト」を採用。目的の番組をすぐに探せる。ダビングは、HDD、DVD、VHSビデオの6方向すべての組み合わせで行うことができ、VHSテープから高画質でダビングできるよう、専用のデジタルNR(ノイズリダクション)とTBC(タイムベースコレクター)回路も搭載した。

 録画可能なディスクはDVD?RW/?R、DVD?R DL。再生可能なディスクは、DVDビデオ、DVD?RW/?R、DVD?RAM、DVD+RW/+R、DVD?RW/?Rなど。