マイクロソフトは4月23日、ワイヤレスタイプのキーボードとレーザー式マウスのセット「Microsoft Wireless Laser Desktop 4000」を5月11日に発売すると発表した。価格は9240円。

 キーボードは、Windows Vista専用のスタートボタンやガジェットボタン、Windows Live Callボタンなどのショートカットキーを搭載し、Vistaでの使い勝手を高めた。また、長時間使用しても疲れにくいよう、手首を置くパームレストに革張り調クッション素材を採用し、全体を滑らかなカーブ形状に仕上げた。

 このほか、画面上のファイルや画像を拡大・縮小できるボタン「ズームスライダ」や、ユーザーが登録したファイルやサイトにすばやくアクセスできる5つのホットキーを装備する。サイズは奥行き235×幅520×高さ31mm。

 マウスは、水平スクロールも可能なホイールをはじめ、5つのボタンを搭載。ホイールボタンをクリックするだけで、複数のウィンドウの切り替えが可能なインスタントビューア機能や、画面の好きな場所をクリックすれば、その部分を拡大表示できる拡大鏡機能も備える。電源は単3形アルカリ乾電池2本で、約6か月使用できる。解像度は1000dpi。サイズは奥行き120×幅71×高さ38mm。