富士通フロンテックは4月20日、富士通研究所と共同開発したカラー電子ペーパーを採用した世界初のPDA(携帯情報端末)「FLEPia(フレッピア)」のサンプル販売を開始したと発表した。10月末から出荷を開始する。

 12型の電子ペーパーを搭載したA4タイプ、8型のA5タイプをラインアップした。2モデルともに768ドット×1024ドット(XGA)の解像度で、8色か4096色のカラー表示が可能。OSにはWindows CE5.0を搭載し、1回の充電で50時間使用できる。

 大型タッチパネルを備えており、コンテンツの指定、操作が簡単に行える。また、上下左右、決定を指示できるスクロールボタンと6つのファンクションボタンも装備する。外部インターフェイスには、IEEE802.11b/g規格の無線LAN、USB2.0対応のUSB mini-Bコネクタ、SDメモリカードスロットを搭載した。コンテンツ保護用に「128ビット AES」を利用したほか、16ケタのセキュリティパスワードといったセキュリティ機能も盛り込んだ。

 サイズはA4タイプが幅210×厚さ304×高さ12mm、重さは480g、A5タイプは幅158×厚さ240×高さ12mm、320g。またステレオスピーカー内蔵し、ヘッドフォンコネクタ1基を装備する。

 富士通フロンテックでは、A4、A5タイプともに企業向けに10台単位で販売する。サンプル販売価格は10台でA4タイプが262万5000円、A5タイプは157万5000円。