シャープは4月17日、コントラストや視野角、応答速度に優れたモバイル機器用の液晶ディスプレイを開発したと発表した。07年秋からワンセグ対応携帯電話向けにサンプル出荷を開始する。サンプル価格は未定。

 シャープは4月17日、コントラストや視野角、応答速度に優れたモバイル機器用の液晶ディスプレイを開発したと発表した。07年秋からワンセグ対応携帯電話向けにサンプル出荷を開始する。サンプル価格は未定。


 開発した液晶の名称は新「モバイルASV液晶」で、サイズは2.2型、画素数は240×320のQVGA。コントラストを従来品の4倍、2000:1まで高めるなどして、品質を向上させた。そのほか視野角も上下左右160度から176度まで拡大し、斜め方向からでも見やすくした。また、応答速度も25msec(ミリ秒)から8msecと高速化し、ワンセグなどの動画が鮮明に表示できるのも特徴。

 同社の強みといえる液晶技術と液晶テレビ「AQUOS(アクオス)」の技術を組み合わせることで、高コントラスト、広視野角、高速応答を実現した。液晶の動作を細かく制御することで、バックライトの光が漏れるのを防ぎ、コントラストを向上。AQUOSで採用している広視野角技術の「マルチ画素」なども応用し、どの方向からも液晶が均一に見えるようにすることで、広い視野角を確保した。さらに、電圧のかけ方などを工夫することで応答速度も高めた。

 「モバイルASV液晶」は、最大10.5型までの大きさのパネルを製造可能で、ワンセグ対応携帯電話向けにはワイドQVGAタイプを提供していく予定。またディスプレイは国内だけでなく、海外の携帯電話メーカーにも販売する方針。その後はデジタルカメラやワンセグ受信端末に順次拡大していく。発表会で方志教和・モバイル液晶事業本部本部長は「08年に本格的に展開し、同年に1000億円(の売り上げ)を目指す」と意気込みを述べた。


 デジタルカメラでは特に一眼レフタイプで、広視野角が特徴で方式が異なるIPS(横電界)液晶を採用しているメーカーも多いが、方志本部長は「(IPSよりも優れていることは)見てもらえば十分わかっていただける」として、特に画質やコントラストでの優位性に自信を見せた。また、携帯電話で採用が進んでいる有機ELについても「有機ELでこの画質を実現すれば価格は従来液晶の2-3倍になるが、今回の液晶では1.3倍程度に抑える」と述べ、コスト面で有利なことを強調した。