NTTドコモと三井住友海上火災保険は12月12日、三井住友海上火災の自動車保険に付帯するロードサービスで、携帯電話のGPS(全地球測位システム)機能を活用した位置情報確認システムを開発、12月20日からサービスを開始すると発表した。GPS機能を搭載した携帯電話を使って保険加入者が三井住友海上のセンターに電話をかけると、同時に位置情報を送信するもの。自動車保険付帯のロードサービスでは国内初。

 NTTドコモと三井住友海上火災保険は12月12日、三井住友海上火災の自動車保険に付帯するロードサービスで、携帯電話のGPS(全地球測位システム)機能を活用した位置情報確認システムを開発、12月20日からサービスを開始すると発表した。GPS機能を搭載した携帯電話を使って保険加入者が三井住友海上のセンターに電話をかけると、同時に位置情報を送信するもの。自動車保険付帯のロードサービスでは国内初。

 三井住友海上火災の自動車保険「MOSTシリーズ」に加入し、ドコモの第3世代携帯電話「FOMA」で、GPS機能付き端末を利用するユーザーが対象。サービスを利用できる端末はD903i、F903i、N903i、P903i、SH903i、SA800i、SA702i、SA700iS。

 携帯電話端末でサービス専用の設定をした後に、ロードサービスの専用窓口に音声通話で連絡すると、三井住友海上火災のセンターに利用者の現在位置情報を送信する仕組み。保険の加入者であれば利用料は無料。ただし、センターへの通話料が別途かかる。