イーフロンティア(安藤健一社長)は、ワープロ、表計算、プレゼンテーションソフトの機能を1つにまとめた統合ビジネスソフト「EIOffice2007」を11月17日に発売する。

 イーフロンティア(安藤健一社長)は、ワープロ、表計算、プレゼンテーションソフトの機能を1つにまとめた統合ビジネスソフト「EIOffice2007」を11月17日に発売する。

 マイクロソフトの統合ビジネスソフト「Microsoft Office 2003」に含まれるWord/Excel/PowerPointとの高い互換性を持ち、メニューやツールバーを含め、ほぼ同じ見た目と操作感のユーザーインターフェイスを採用することで、乗り換え時の使い勝手を高めた。

 最新版では、前バージョンよりメモリ使用量が減り、動作速度が50%以上向上。Javaアプリケーションながら高速で起動し、安定して動作する。個々の文書ファイルとの互換性も高まり、標準ファイル形式に加え、html形式での互換性も向上した。ソフト単体で、編集中の文書ファイルから直接PDFファイルを作成できる機能も搭載。PDF作成ソフトで作成したものと変わらない品質でPDFを出力できるようになった。

 ワープロ機能では、日本語特有の「縦書き」に対応したほか、罫線を手書きで引いての作表、ページの一部分だけの段組、文章の構成をツリー形式で表示・編集する「アウトライン表示」など、機能を拡充した。表計算では、エクセルの「ピボットテーブル」と同様の機能「ピボットリレーションテーブル」を新たに搭載した。

 ひとつのウィンドウ内に、ワープロ、表計算、プレゼンテーションの3つの画面を表示し、同時に作業を進めることも可能で、アプリケーション間でコピーしたデータについて、オリジナルが修正されるとコピー先も自動的に修正される「リンク貼り付け」機能も備える。対応OSはWindows 98以降、Red Hat Linux 9.0/8.0、Turbolinux FUJI/10、Fedora Linux。

 「EIOffice」は、中国のエバーモア・ソフトウェアが、マイクロソフトの「Office」に対抗するソフトとして開発、02年9月に中国語版を発売した。日本国内では、日本語版総代理店インターネットテレフォンが、「EIOffice2004」のダウンロード版を04年6月から販売。イーフロンティアは04年11月に動作速度・安定性を高めた「EIOffice2004+」を発売した。

 「Microsoft Office」の次期バージョンでは、ユーザーインターフェイスの大幅な変更が予定されており、「EIOffice2007」ならば、使い慣れた従来通りのユーザーインターフェイスで作業が行えるとしている。

 価格は、「EIOffice2007 スタンダード」が1万7800円、「EIO2007 アカデミック」が9800円、「EIOffice2007 スタンダード 5年間フリーアップグレード付」が4万7800円。Office製品など他社製品ユーザー向けの「EIOffice2007 乗換版」は9800円、同「EIOffice2007 乗換版 5年間フリーアップグレード付」は2万4800円。