日本ビクターは10月10日、iPodなどの携帯オーディオや携帯電話の音楽を再生するコンパクトコンポーネントシステム「NX-PS1-W」を12月上旬に、ポータブルオーディオシステム「RA-P10-W」を11月上旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は「NX-PS1-W」が3万3000円前後、「RA-P10-W」が1万5000円前後の見込み。

 どちらもiPodの自動再生と充電に対応しており、再生・停止・スキップといった基本機能については、本体や付属のリモコンを使って遠隔操作することもできる。さらに、外部入力端子としてステレオミニ端子を装備し、その他の携帯オーディオや音楽再生機能付き携帯電話なども接続できる。

 「NX-PS1-W」は、キューブ型のアンプ部、8cmフルレンジユニット搭載のメインスピーカー、大口径17cmウーハーユニットを採用したサブウーハーで構成する2.1chサラウンドシステム。総合出力は合計50Wとハイパワーで、臨場感あふれるサウンドとダイナミックな重低音を再現する。

 本体とiPodは、付属のケーブルを使って専用端子で接続。フロントパネルにUSBメモリ端子、リアパネルにUSBオーディオ端子も装備し、USBマスストレージクラス対応のUSBメモリや携帯オーディオ、パソコン用スピーカーとしても利用できる。

 「RA-P10-W」は、乾電池駆動も可能な小型・軽量のポータブルスピーカー。本体上部の専用端子にiPodを立てて置くだけで自動再生がスタートする。FMチューナーやアラーム、温度計、カレンダーなどの多彩な機能も備えた。実用最大出力は合計8Wで、ACアダプターまたは単3乾電池6本で動作する。電池使用時の駆動時間は約2時間。