日本CA(根塚眞太郎社長)は10月4日、個人・SOHO向けセキュリティ対策ソフトとして「CA 2007」シリーズ7タイトルを10月4日から順次発売すると発表した。プロモーションキャラクターには昨年に引き続き眞鍋かをりさんが起用された。

 日本CA(根塚眞太郎社長)は10月4日、個人・SOHO向けセキュリティ対策ソフトとして「CA 2007」シリーズ7タイトルを10月4日から順次発売すると発表した。プロモーションキャラクターには昨年に引き続き眞鍋かをりさんが起用された。

 ダウンロード版とパッケージ版の2種類を用意し、ダウンロード版を10月4日、パッケージ版を10月6日に発売。同社のSMB&コンシューマー事業本部の長谷一生事業部長は「店頭シェア10%の獲得を目指す」とした。従来製品からブランド名やパッケージ、ユーザーインターフェイスを一新。「今すぐ解決ボタン」「お役立ち情報機能」などの新機能を搭載した。

 「今すぐ解決ボタン」はセキュリティ上の問題を自動検出し、ユーザーに通知する機能。ボタンをクリックするだけでプログラムが自動的にセキュリティ状態を修復し、PCを最適な状態に復元できる。「お役立ち情報機能」では製品の利用方法やよくある質問と回答、キャンペーンなどの情報を配信する。このほか、上位モデルには世界最大級のCAリサーチセンターが保有するセキュリティデータベースと連携する「アウトブレーク機能」を搭載。最新セキュリティ脅威の情報、新種のウイルス、スパイウェア情報をリアルタイムにユーザーインターフェイス上に表示する。

 上位モデルの「CA インターネット セキュリティ スイート 2007」、高速バックアップソフトを同梱した「CA インターネット セキュリティ スイート 2007 プレミアム版」、ウイルス対策ソフト「CA アンチウイルス 2007」、スパイウェア対策ソフト「CA アンチスパイウェア 2007」はパッケージ版とダウンロード版を用意した。

 インストールしてすぐに迷惑メールの遮断ができる「CA アンチスパム 2007」、サイト別に利用可能な個人情報を制御できる「CA パーソナルファイアウォール 2007」、高速バックアップソフト「CA デスクトップ DNA マイグレーター 2007」はダウンロード版のみの販売となる。

 価格は「CA インターネット セキュリティ スイート 2007」の標準版が5600円、「CA インターネット セキュリティ スイート 2007 プレミアム版」の標準版が8800円、「CA アンチウイルス 2007」の標準版が1980円、「CA アンチスパイウェア 2007」の標準版が4980円。このほか、3ライセンス版、10ラインセンス版も販売する。