セイコーエプソン(エプソン)は10月4日、大判インクジェットプリンタ「MAXART K3」シリーズで、A2/半切サイズに対応する「PX-5800」を11月下旬に発売すると発表した。エプソン販売(真道昌良社長)を通じて販売する。価格は20万7900円。

 セイコーエプソン(エプソン)は10月4日、大判インクジェットプリンタ「MAXART K3」シリーズで、A2/半切サイズに対応する「PX-5800」を11月下旬に発売すると発表した。エプソン販売(真道昌良社長)を通じて販売する。価格は20万7900円。

 透明樹脂でコーティングされたインク粒子をインク中に高濃度に分散させることで、広い色再現範囲を実現する「PX-P/K3インク」を採用。彩度の高い出力と豊かな色彩が表現できる。POPやサインに多用される金赤の色も鮮やかに出力。80mlの大容量インクカートリッジを使用しおり、インク切れ・交換の手間も軽減した。

 ブラックインク(フォト・マット)、グレーインク、ライトグレーインクと濃度の異なるブラックインクをはじめ、シアン、ライトシアン、マゼンタ、ライトマゼンタ、イエローのインクを採用し、モノクロー、カラーとも精度の高いカラーコントロールを実現する。

 対応用紙サイズはハガキサイズからA2サイズ。写真出力サイズは利用頻度の高い半切・四切・六切からL判に対応する。用紙搬送経路にストレートパスを採用し、1.5mmまでの厚紙にも印刷可能。印刷速度は写真用のA2光沢紙で約5.9分。印刷解像度は最大2880×1440dpi。

 ネットワークインターフェイスを標準搭載したほか、一眼レフタイプなど、ハイエンドデジタルカメラが持つ広い色域を最大限に活かす「Adobe RGBモード」を搭載した。本体サイズは幅684×奥行き376×高さ257mm、重さ約18.5kg。