東芝は10月2日、HD DVDの記録・再生に対応したノートPC搭載用複合ドライブ「SD-L902A」を世界で初めて商品化し、06年中にサンプル出荷を開始すると発表した。

 HD DVD-Rディスクの記録・再生、HD DVD-ROMディスクの再生のほか、DVDとCDの記録・再生に対応。HD DVDディスクの構造が現行のDVDと同等という特徴を生かし、光学系を1つの対物レンズで構成。これにより、HD DVDドライブながら12.7mmという薄さも実現した。

 地上デジタル放送や高精細・大画面ディスプレイテレビの普及にともない、高画質で記録できるレコーダーやカムコーダーの市場が活性化しており、今後、PCでも高精細映像を光ディスクに記録したいというニーズが高まるものと予想されている。こうした背景から、ノートPC搭載用の薄型ドライブを開発した。