NTTドコモ(中村維夫社長)は9月29日、東京農工大学の高木康博助教授と協力し、上下左右の方向から立体映像を見られる携帯型立体表示システムを開発したと発表した。

 レンチキュラーレンズ付き液晶ディスプレイに搭載したカメラなどを用いてユーザーの見ている方向を推定。その視線にあわせた画像をリアルタイムに作成し、ディスプレイに表示することで立体映像が見える範囲を拡大できる。これにより、3D用眼鏡を使用しなくても、水平方向60度、垂直方向30度の範囲であれば、三次元のコンピュータグラフィックス(CG)コンテンツなどを徐々に変化する立体映像として見られるようになる。

 同技術の実用化により、立体映像を利用した携帯ゲームや、商品が手元にあるような感覚で買い物できるモバイルインターネットショッピングなどが可能になるという。今後は実用化を目指し、さらに研究開発を進めていく。