エプソン販売(真道昌良社長)は9月29日、PC用パッケージソフトの企画・販売などを手がけるエー・アイ・ソフト(田村守康代表取締役)を11月1日付けで吸収合併すると発表した。

 今回の合併は、エプソン販売を存続会社とする吸収合併方式で行い、エー・アイ・ソフトは解散する。なお、合併による新株式の発行、資本金の増資などは行わない。

 両社はともにセイコーエプソンの100%子会社。合併により経営資源の一元化と効率化を進め、両社の持つ販売資産を融合させることで、ハードウェアの商品付加価値向上とソリューション提案力強化、顧客価値向上を目指す。