ソニーは9月29日、ノートPCの一部に採用されているソニー製リチウムイオン電池セルを使用した電池パックの「自主交換プログラム」を全世界で実施することを決定し、取引先のPCメーカー各社に対し案内すると発表した。

 ソニーは9月29日、ノートPCの一部に採用されているソニー製リチウムイオン電池セルを使用した電池パックの「自主交換プログラム」を全世界で実施することを決定し、取引先のPCメーカー各社に対し案内すると発表した。

 実施について同社では米国消費者製品安全委員会と協議しており、必要に応じて他の政府機関にも説明していく方針で、近日中に決定し発表する。また、対象の電池パック交換に関わる数量やスケジュールなど詳細については、同社の取引先各社と相談し決定する。

 現在、デルやアップルコンピュータ、IBMとレノボによるソニー製電池パックの回収が発表されているが、ソニーでは、最近のノートPCの事故に対するユーザーの心配を払拭するためには、電池パックの自主交換プログラムを行うことが最善の策であると判断したという。

 対象電池セルの一部は、微細な金属粒子が入った場合、電池セル内の他部品と接触し、稀に電池セル内部で短絡(ショート)を起こす可能性がある。通常内部短絡を起こした電池セルは電池機能を失うだけだが、ある稀な状況下においては、内部短絡が電池セルの過熱や場合により発火を引き起こす可能性がある。