バッファローは9月27日、IP電話ソフト「Skype(スカイプ)」対応の受話器をつけたUSB接続キーボード「BKBU-SKJ109/SV」を10月上旬に発売すると発表した。価格は6993円。

 キーボードの右端に、ハンドセットタイプのSkypeフォンを配置。PCとはUSB2.0/1.1で接続し、1つのUSBポートにケーブルをつなぐだけで、キーボードとSkypeフォンの両方が使える。

 キーボードは、キーピッチ19mmの日本語109キーレイアウトで、設置場所を取らない省スペースタイプ。上部にはWebページの「戻る」「進む」などがワンタッチでできる13種類のホットキーと、スピーカーの音量を調整できるボリュームコントロールを装備した。対応OSはWindows XP/2000、Windows XP MCE 2005/2004。