シャープとシャープヨーロッパ研究所は9月27日、業界で初めて、3つの映像・コンテンツを同時表示する「トリプルビュー液晶」を開発したと発表した。

 シャープとシャープヨーロッパ研究所は9月27日、業界で初めて、3つの映像・コンテンツを同時表示する「トリプルビュー液晶」を開発したと発表した。

 一般的なTFT液晶ディスプレイ上に設けた「視差バリア」に独自の工夫を施すことで、左・右・中央の3方向に光を分離。1つの画面に3つの異なる映像コンテンツを同時に表示できるようにした。

 ワンボックスカーのような多人数で乗る自動車内に搭載することで、運転者はナビゲーション画面で目的地への行き方を確認し、助手席ではドライブ情報画面で観光スポットやグルメスポットを検索、後部座席からはDVDの映像を楽しむなど、フル画面サイズで1台3役をカバーできる。また、看板として使用する際は、通行者の進行方向によって異なる3つの店舗情報を提供することもできる。

 シャープでは、05年に世界で初めて視野角制御型液晶ディスプレイ「デュアルビュー液晶」と「ベールビュー液晶」を開発、実用化し、カーナビゲーションや携帯電話などへの搭載を進めている。