タカラトミー(富山幹太郎社長)は9月25日、家庭用オーブンレンジで陶器が焼ける陶芸セット「ろくろ倶楽部」を9月28日に発売すると発表した。価格は1万500円。雑貨取扱店や通信販売などで販売する。

 自宅にいながら陶芸体験ができるよう、電動ろくろと基本的な道具をパッケージにした入門セット。土を練り、ろくろ台を使いながらカタチを作り、釜の代わりに自宅のオープンレンジで焼き上げ作品を仕上げることができる。

 本焼きではオーブンを130度に設定して30-40分焼き、そのまま1-2時間ほど冷ます。通常、自然乾燥で3-5日かかる2回目の乾燥を時間短縮のためオーブンで行う場合は、120度に設定したオーブンレンジで20-30分焼成し、その後、1-2時間かけて冷ます。

 セット内容は、電動ろくろ台、天然色の専用土1kg、弓・ヘラ・しっぴき・削り出し棒などの道具、防水加工とツヤ出しのための専用うわぐすり、取扱説明書など。電動ろくろ台は単1型電池4本で動作する。電池は別売り。このほか、別売り専用土(天然色・黒色・赤色)を各1890円で同時発売する。