ロジクール(青柳マテウ社長)は9月22日、従来より2倍明るい130万画素のWebカメラ「Qcam Ultra Vision QVU-13(QVU-13)」を10月6日に発売すると発表した。価格はオープンだが、同社オンラインストア価格は1万4800円。

 「QVU-13」は、ガラス製のレンズを含む5枚の大きなレンズを採用。従来の一般的なWebカメラの開放F値が2またはそれ以上なのに対して、「QVU-13」では、開放F値1.6とより小さくし、明るく鮮明な映像をキャプチャできるようにした。

 130万画素CMOSセンサーは、薄暗い照明下で明るさを補正する「RightLight 2テクノロジー」を搭載。従来の明るさ補正技術を強化し、暗い照明下や、背景やサイドからの光が強すぎる場合など不均一な照明環境でも映像を調整し画質を大幅に向上させる。さらに、テレビなど大きい画面でもきれいに見られる960×720ピクセルのHDビデオフォーマットでの録画に対応する。

 本体は、斬新な円筒型デザインを採用。シルバーとオフホワイトを基調に、メタリックな塗装を施した内蔵マイク、レンズハウジングを備え、本体の両端には、それぞれボタンを装備した。一つは静止画のシャッターとして機能し、もう1つのボタンは、押すと撮影中の自分自身を表示するミラービデオウィンドウを起動できる。

 高性能マイクを内蔵するため、ヘッドセットを使わずにビデオ通話が可能。「Windows Live メッセンジャー」「Skype」「Yahoo!メッセンジャー」など主要なビデオチャットソフトに対応する。本体サイズは幅95×奥行き163×高さ39mm、重さは224g。対応OSはWindows XP、2000。