キヤノンシステムソリューションズ(キヤノンシステム、浅田和則社長)は、個人やSOHO向けのクライアントPC認証・暗号化ツール「CompuSec SW」を9月29日に発売する。税別価格は1万2800円。

 「CompuSec SW」は、管理サーバーが不要な単体製品で、個人やSOHOでも簡単に導入できる。BIOSとOSの間で、ユーザーIDとパスワードによる認証を行い、認証を通過しないとHDDが暗号化されたまま、OSの起動ができない「OS起動前認証」、USBメモリ、USB接続のHDD、フロッピーディスク、メモリカードを丸ごと暗号化できる機能などを搭載した。

 動作環境はメモリ128MB以上、HDDの空き容量が120MB以上など。対応OSはWindows XP、2000。